死(もしくはその暗示でさえも)は人間を尊くも悲愴な存在にしている。人間はその幻影としての条件を通して行動する。人間がなしとげるすべての行為は最後の行為であるかもしれない。(ボルヘス「不死の人」)